開発現場

JacConvert開発現場
ログが消失したため2006/09より再出発しています。


1、今回の変更内容

2013/12/28 Ver3.09a
◆バグ補正
・PDF出力:Ver3.09で仕様変更した点出力サイズが正しく機能しない。
◆追加
・PDF出力:PDF保存設定画面で点出力サイズを変更可能としました。

2012/01/13 Ver3.07d
◆変更
・PDF出力:点のサイズを線の4倍に固定しました。

2012/01/03 Ver3.07c
◆追加
・JWW入力:読み込み時に基準スケールを手動設定する機能を追加しました。

2012/01/02 Ver3.07b
◆追加
・JWW入力:レイヤーグループ別のデータを元スケールのまま16面に面付けして読み込みする機能を追加しました。

2011/12/30 Ver3.07a
◆追加
・JWW・JWC入力:レイヤーグループ別の異スケールを補正する機能を停止するオプションを追加しました。

2011/12/24 Ver3.06g
◆追加
・DWG入出力:TeighaFileConverter3.5.1利用に対応しました。

2011/08/21 Ver3.06f
◆変更
・PDF出力:JWW・JWC=>PDF変換時の線色・太さの出力設定を見直ししました。
◆追加
・PDF出力:DXF・DWG=>PDF変換時に線太さの出力可能にしました。

2011/07/25 Ver3.06e
◆変更
・DWG・DXF出力:MSゴシック出力指定した時、寸法図形もMSゴシック出力に変更しました。(従前の寸法図形はshxフォント出力固定でした)

2011/07/23 Ver3.06d
◆バグ補正
・DWG・DXF出力:shxフォントを誤出力する。(Ver3.06c固有の障害です)

2011/07/16 Ver3.06c
◆変更
・DWG・DXF出力:文字出力位置・サイズ計算方法を見直し。

2011/07/11 Ver3.06b
◆バグ補正
・入力全般:360度単位の回転したブロック図形を180度誤って読込みしてしまう。

2011/07/10 Ver3.06a
◆バグ補正
・DWG・DXF出力:DテキストMSゴシックで出力時に文字サイズ・位置補正が機能しない。

2011/06/18 Ver3.05d
◆バグ補正
・DWG・DXF入力:「長さの無い線を小さな円として読み取り」で円半径計算が不安定。
◆追加
・DWG・DXF入力:「長さの無い線を小さな円として読み取り」で円半径の設定変更を可能にしました。

2011/06/15 Ver3.05c
◆バグ補正
・DWG・DXF入力:「長さの無い線を小さな円として読み取り」が機能しない。(Ver3.04d以降の障害)

2011/06/02 Ver3.05b
◆追加
・一括変換:電子製本ファイル名を自動保存する機能を追加。

2011/04/30 Ver3.05a
◆バグ補正
・その他:[メニュー][設定][基本動作設定][起動時に前画面を表示しない]オプションを使用するとファイルの関連付け起動・ドラッグ&ドロップ起動が利用できない。

2011/04/21 Ver3.04f
◆バグ補正
・DWG・DXF入力:寸法図形内の引出し線を読込みできない。

2011/04/14 Ver3.04e
◆変更
・DWG入出力:TeighaFileConverter3.4.1利用に対応しました。

2011/03/06 Ver3.04d
◆バグ補正
・DWG・DXF入力:「長さの無い線を小さな円として読み取り」を利用するとJWW保存時の用紙サイズとスケールが不安定になる。

2011/03/05 Ver3.04c
◆変更
・DWG・DXF入力:長さの無い直線を4つの取り方法から選ぶことがでオプションを追加しました。(AutoCADのハッチングパターン「DOTS」を再現するために追加しています)

2011/02/27 Ver3.04b
◆変更
・DWG・DXF入力:Ver3.04aで変更した「長さの無い線を点として読み取り」を「小さな円として読み取り」に再変更しました。

2011/02/24 Ver3.04a
◆変更
・DWG・DXF入力:長さの無い線を点として読み取りするようにしました。

2011/02/10 Ver3.03b
◆変更
・電子製本(一括変換):しおり(PDF)の文字をすべて全角文字とする処理を中止。
◆バグ補正
・PDF出力:PDFプロパティ内のタイトルが文字化けする。

2011/02/08 Ver3.03a
◆バグ補正
・電子製本(一括変換):破損したPDFを出力しておりソフトウエアにより読込みできない。
◆追加
・電子製本(一括変換):PDF内にしおりを組み込みしました。

2011/01/29 Ver3.02f
◆追加
・一括変換:読込みファイル形式を同時複数指定(JWW/JWC/DXF/DWG)可能としました。
■電子製本について
この機能を利用するには一括変換の設定画面内の保存ファイルの種類を「連結PDF」にします。
複数のJWW/JWC/DXF/DWGファイルを読込み連結した1つのPDFファイルに変換します。
画像を含んだデータは電子製本できません。

2011/01/17 Ver3.02e
◆追加
・PDF出力:一括変換PDF出力時に電子製本(複数の図面を1つにまとめる)機能を追加しました。
・DWG入出力:DWG変換の際に使用するTeighaFileConverterが利用可能可否を診断する機能を追加しました。[メニュー][ヘルプ][DWG変換するには]

2010/12/28 Ver3.02c
◆バグ補正
・EMF出力:手動ファイル名設定を使用すると不正なPDFファイルが生成される。(拡張子の生成ミス)

2010/12/26 Ver3.02b

◆バグ補正
・DXF・DWG出力:ExtFont2.shx入手のリンク先が誤っていました。

2010/12/26 Ver3.02a
◆バグ補正
・DXF・DWG出力:等幅フォントExtFont2.shxを使用するとAutoCAD側で読込みできないケースがある。

2010/12/18 Ver3.01i
◆変更
・開発環境を一時的にVC6(Microsoft Visual C++ 6.0)へ戻します。(現在VC2010で開発していますが動作不安定箇所があるため)
◆バグ補正
・DWG入力出力:TeighaFileConverterをJacConvert本体収納フォルダにインストールした時にこれを認識できない。

2010/11/22 Ver3.01h
◆バグ補正
・DWG入力出力:TeighaFileConverter展開場所設定[設定][TeighaFileConverterを手動でセット]が機能しない。
◆変更
・DWG入力出力:DWG変換時にTeighaFileConverterを優先使用に変更しました。

2010/11/21 Ver3.01g
◆バグ補正
・DWG入力出力:64bit版のWindows7でTeighaFileConverterを認識できない。
◆追加
・DWG入力出力:[設定][TeighaFileConverterを手動でセット]を追加しました。自動認識しない時に利用ください。
2010/11/20 Ver3.01f
◆バグ補正
・DWG入力出力:TeighaFileConverterを認識できないケースが多発していました。

2010/11/18 Ver3.01e
◆追加
・DWG入力出力:EveryDWGの後継版TeighaFileConverterを利用可能にしました。このソフトをインストールするとAutoCAD2010DWGが読込み可能です。TeighaFileConverterは次のURLから入手できます。
http://www.opendesign.com/guestfiles/
インストールプログラムを標準設定のままで実行すればJacConvertが自動認識します。

2010/11/05 Ver3.01d
◆バグ補正
・PDF出力:「JWW印刷時の線色・線太さで出力」オプション時に線幅10(0.1mm)以上の設定値が正しく反映できない。※バグフィックスできていませんでした。再度調査中です。

2010/06/05 Ver3.00c
◆バグ補正
・DWG・DXF入力:「線種を名前から決める」オプション設定が記録されずJacConvertを再起動するとオプションオフとなる。
◆追加
・PDF出力:文字をすべて黒で出力するオプションを追加しました。


2010/05/01 Ver3.00b
◆バグ補正
・JWW出力:DXF・DWG=>JWW変換時にJWWバージョン「v4.20〜(16色)」を指定した時に線色が誤変換される。
・JWW出力:DXF・DWG=>JWW変換時に「サイズを設定文字種で出力」オプションを使用すると線色が誤変換される。


2010/04/27 Ver3.00a
◆バグ補正
・PDF出力:「Jw_cadの補助色ソリッドは必ず出力」オプションをチェックすると補助線・補助色ともに表示されてしまう。


2010/04/18 Ver2.99b
◆変更
・JWW入力:JWW Ver7.00ファイル読み込みに対応しました。
JWW Ver7.00形式「画像の同梱」を読み込み可能ですが、この画像データ(BMP形式)を他CADファイル形式への保存機能は未実装です。
画像データ(BMP形式)はJacConvert本体収納フォルダ下「JwwBmp」フォルダに一時保管されます。JacConvert終了前であれば直接参照が可能です。

2009/11/21 Ver2.99a
◆変更
・JWW入力:JWW Ver7.00ファイル読み込み制限を解除しました。
Ver7.00ファイルを正規に読み取りできるようになった訳ではありません。画像データの読み取り対応していません。

2009/11/15 Ver2.98i
◆バグ補正
・JWW入力:ブーメラン状の4角形ソリッド図形を正しく読み込みできない。

2009/11/13 Ver2.98h
◆バグ補正
・PDF出力:モノクロ出力時に、一部のレイヤー内データがグレイ出力される。
◆変更
・DXF・DWG出力:文字を含んだブロックを反転挿入する処理についてAutoCADとJw_cadで処理が異なるため、JWW=>DXF・DWG変換の処理方法を見直ししました。
文字を含んだブロック図形を反転挿入した場合、Jw_cadでは鏡文字とならないため(AutoCADでは鏡文字となる)、ブロック分解して出力する処理を加えました。(全ブロックが分解されます)

2009/10/25 Ver2.98g
◆バグ補正
・JWW入力:デバッグ用の管理画面が複数表示される。(Ver2.98f個有の障害です)

2009/10/24 Ver2.98f
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:膨らみのあるポリラインを読み取りすると強制終了する事がある。

2009/10/18 Ver2.98e
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:閉じたライトウエイトポリラインを正しく読み取りできない

2009/10/17 Ver2.98d
◆バグ補正
・DXF・DWG出力:X方向にストレッチ(伸縮)したブロック図形挿入で文字ストレッチが対応しない。
・JWW入力:マイナス倍率(例:鏡像X=-1,Y=1)のブロック挿入した時に文字位置が狂う。
注:DXF/DWG出力した時の鏡文字現象は改善できていません。もしこの障害発生する場合はJacConvertのDXF/DWG保存設定画面でブロック分解してから保存してください。

2009/10/15 Ver2.98c
◆バグ補正
・DXF・DWG出力:画面左下にある「SETLAY」ボタンをクリックした際に機能する線種・線色のBYLAYER化で文字のみBYLAYER化しない。
◆追加
・DXF・DWG入力:EveryDWGを介してDWG2010読み込みして失敗した時に「DWG2010のため読み込みできない」旨のメッセージを表示する機能を追加しました。

2009/10/03 Ver2.98b
◆変更
・DXF・DWG入力:塗り潰しの円(●)を円(○)として読み込みしていましたが、これを点(・)で扱うように変更しました。(DXF・DWG保存時は従前より(・)=>(●)変換しています)

2009/09/29 Ver2.98a
お詫びします。正規バージョンVer2.98に重大にミスがありました。
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:レイヤ情報を誤って読み取りする。(読み取り精度が大きく低下する)
・その他:データプロパティウィンドを閉じる時に強制終了する。

2009/09/19 Ver2.97h
◆バグ補正
・PDF出力:Ver2.97f,gで頻雑に強制終了する。

2009/09/18 Ver2.97g
◆バグ補正
・PDF出力:Ver2.97fでデバッグ用のウィンドが連続して表示される。
◆追加
・PDF出力:TABをスペースに変換する機能を追加しました。スペースの挿入数はJacC.CFG内の「VTAB」で変更できます。

2009/09/18 Ver2.97f
◆バグ補正
・PDF出力:コントロール文字が含まれると文字化けする

2009/09/16 Ver2.97e
◆バグ補正
・その他:データプロパティ表示でレイヤー名最終行が重複表示する。
・その他:データプロパティCSV出力でJJWファイルのレイヤーHide属性が出力されない。
◆変更
・その他:データプロパティCSV出力でフォルダ名が数字のみの場合文字列後ろに_アンダーバーを追加します。(Excelが数値扱いでレイヤー名を読み込みする現象回避のため)

2009/09/15 Ver2.97d
◆追加
・その他:データプロパティにCSVファイル出力し関連付けされたアプリケーションで開く(Excel等で開く)機能を追加しました。

2009/09/13 Ver2.97c
◆追加
・その他:データプロパティにAutoCADレイヤー別の線色・線種を追加しました。

2009/09/13 Ver2.97a
◆追加
・その他:[右クリック][プロパティ]で読み込み中のデータプロパティを表示する機能を追加しました。表示項目は次のとおりです。
1)ファイル名
2)バージョン(DXForJWW)
3)基準スケール
4)用紙サイズ
5)Jw_cadコメント
6)ペーパー空間の有無)
7)図形要素数
  直線
  スプライン
  構築線
  円弧
  点
  引出線
  文字
  ブロック
  寸法図形
  寸法図形用文字列
  ソリッド
  JPG画像
8)レイヤー情報
  非表示属性
  保護属性
  レイヤ名
  収納図形数

2009/08/22 Ver2.96b
◆バグ補正
・DXF・DWG保存:「Jw_cad補助線と補助色は出力しない」オプションを使用すると不正なデータ変換を行う場合が頻発する。

2009/08/21 Ver2.96a
◆バグ補正
・その他:[読み取り可能ファイルを開く]でPDF関連付けアプリケーション(AdobeReader等)が起動してしまう。
◆変更
・その他:[右クリック][用紙サイズの変更]および[右クリック][縮尺の変更]使用時に図面中央でズーミングする処理に変更しました。

2009/08/14 Ver2.95c
◆追加
・JWW入力:[右クリック][JW_CADペン別の色設定]にSXF対応拡張線色を追加しました。

2009/08/12 Ver2.95b
◆バグ補正
・その他:[メニュー][ヘルプ][JacConvertのバージョン情報][最新バージョンチェック]が機能しない。

2009/08/09 Ver2.94i
◆追加
・PDFランチャー:JWW・JWC・DWG・DXFファイルをPDFに変換し、PDFに関連付けされたアプリケーションを起動する機能を追加しました。
 CADの操作経験が無い方がJw_cadやAutoCADのデータを閲覧・印刷する時に使用します。
 この機能は利用制限がありません。(ライセンス未購入で継続利用可)
◆バグ補正
・PDF出力:保護レイヤー(表示のみレイヤー)の文字をグレー表示できない。
・PDF出力:「文字色を特定色にする」(JacConvert画面で右クリック)が機能しない。
◆変更
・EMF出力(コピー):ワイドタイプのディスプレイを使用した際の読取り範囲を補正しました。

2009/03/08 Ver2.94h
◆バグ補正
・DWG出力:JWW=>DWG変換の際に傾きのある寸法図形引出し線を出力できない。

2009/03/07 Ver2.94g
◆バグ補正
・DWG出力:EveryDWGを介したDWG保存に失敗した場合、以降EveryDWGを利用できなくなる。(JacConvertを再起動するまで復旧できない)

2009/02/21 Ver2.94f
◆バグ補正
・JWW出力:「塗潰し(ソリッド)をハッチングで表現する」オプションを使用した際に輪郭線を消去できない。

2009/02/19 Ver2.94e
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:閉じたライトウェイトポリラインを正しく読み取りできない。(Ver2.94固有の障害です)

2009/02/15 Ver2.94d
◆バグ補正
・JWW・JWC入力:[右クリック][JW_CADペン別の色設定]が機能しない。

2009/01/21 Ver2.94c
◆バグ補正
・JWW出力:ポリライン・スプラインを「曲線属性で出力」オプションが利用できない。

2008/12/29 Ver2.94b
◆バグ補正
・全般:レイヤーサムネイル画面で枠外をクリックすると強制終了する。

2008/12/27 Ver2.94a
◆追加
・JWW出力:「塗潰しを輪郭線で表現」オプションを追加しました。
・全般:文字の半角化対象文字に",.・:;?!―/〜()[]{}〈〉+−=%#&*@"を追加しました。

2008/12/19 Ver2.93m
◆バグ補正
・JWW出力:白(黒)のソリッドを含んだDXF・DWG=>JWW変換時すると不要な輪郭線が出力される。画面上で黒として表示されJw_cad画面上で視認できない。

2008/11/23 Ver2.93L
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:基点位置がシフトしているブロック図形を正しく読み取りできない。

2008/11/15 Ver2.93k
◆バグ補正
・全般:Ver2.93d-2.93jでルートディレクトリ(例:Cドライブ直下)にJacConvertが次の9つのファイルを誤って生成する。
APP_LI.DAT / JacC.CFG / JV_HED_ST.DAT / JV_HED.DAT / JV_HED13_ST.DAT / JV_HED13.DAT / JV_HED2K_ST.DAT / JV_HED2K.DAT / $JC_DAT$.JAC / JacCInd.JAC
Ver2.93kはファイル名・更新日・サイズをチェックしてこれらのファイルを自動削除します。

2008/11/10 Ver2.93j
◆バグ補正
・全般:JacConvert起動時にライセンス登録済みでも「試用期間」のメッセージが表示される。(Ver2.93d-2.93i固有の障害です)

2008/11/05 Ver2.93i
◆バグ補正
・JWW・JWC出力:レイヤー数が256をオーバーしたデータを保存しようと すると強制終了する。強制終了を回避する処理のみで、データの欠落が発生する可能性があります。256以上のレイヤーを扱った場合はメッセージが表示されます。
◆追加
・その他:起動時に前データを表示しないモードを追加しました。[メニュー][設定][基本動作設定][表示]
・DWG入力:Dconvertを優先使用するモードを追加しました。

2008/10/17 Ver2.93h
◆バグ補正
・JWW・JWC入力:傾きのある上付き文字(^u)を正しく読み込みできない。

2008/10/17 Ver2.93g
◆バグ補正
・JWW・JWC入力:傾きのある上付き文字(^u)を正しく読み込みできない。

2008/10/16 Ver2.93g
◆バグ補正
・ストロークフォント関連:Jw_cadの均等割付文字をストロークフォントで出力すると文字サイズが不安定になる。

2008/10/14 Ver2.93f
◆バグ補正
・ストロークフォント関連:DXF・DWG出力でJw_cadの上付き文字等制御コード文字列をストロークフォント出力できない。

2008/10/12 Ver2.93e
◆バグ補正
・ストロークフォント関連:JWW・JWCファイル中の上付き文字等制御コード文字列を正しく再現できない。

2008/10/10 Ver2.93d
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:スプライン、突出方向ベクトルがマイナス値の時、読込みが不安定となる。

2008/09/13 Ver2.93c
動作には影響がない細部修正です。
◆追加
・全出力:保護レイヤーをストロークフォント出力に関わるマウスオーバーヘルプを追加しました。(JWC・JWW・DXF・DWG・PDF・EMF)

2008/09/09 Ver2.93b
◆追加
・全出力:保護レイヤー(表示のみレイヤー)だけをストロークフォントで出力するモードを追加しました。(JWC・JWW・DXF・DWG・PDF・EMF)

2008/09/08 Ver2.93a
◆追加
・PDF出力:保護レイヤー(表示のみレイヤー)だけをストロークフォントで出力するモードを追加しました。
保護レイヤー(Jw_winでは表示のみレイヤーと表現します)のみにストロークフォントを使用することができます。例えば電気・設備図等で建築図面を薄い線色で表示し、文字もストロークフォントを使用することにより新規作図部分を強調できます。

2008/08/16 Ver2.92c
◆バグ補正
・DWG入力:Ver2.92bで追加した「□EveryDWG使用時R13で読取り」オプションが正しく機能しない。

2008/08/16 Ver2.92b
◆追加
・DWG入力:EveryDWGを使用したDWG読込みを失敗した際に再チャレンジするモードを追加しました。
 DWG読込み時の設定画面左下にある「□EveryDWG使用時R13で読取り」のチェックを外します。

設定画面中のヘルプを引用します。
チェックされている時の動作(初期設定値)

EveryDWGを使用してDWG読込みする際に全てDWG=>R13DXFに変換します。
但し、2007以降のDWG読込みの場合はDWG=>2007DXFとします。

R13DXFとするとハッチングの再現能力が高まります。

チェックを外した時の動作
12,13,14,2000,2002,2004,2007のDWGをそのままDXFに変換します。
EveryDWGが内部で補正処理せず出力する(はず?)ので、DWG読込みを失敗した時に改善できる可能性があります。
14,2000,2002,2004DWGのハッチングをJacConvertで読み込みできなくなります。

この設定は保存されません

この設定は緊急退避用の扱いです。JacConvertを終了した段階で初期設定値のチェックされた状態(R13DXF)に戻ります。


2008/08/15 Ver2.92a
◆バグ補正
・全般:Ver2.89以下とVer2.90以降のJacConvertを複数登録している場合にJacConvertを実行できない。

2008/08/12 Ver2.91c
◆追加
・DWG・DXF入力:shiftJIS(\M+xxxxx)の制御文字を読み取り可能としました。(文字化けが改善されるケースがあります)

2008/08/10 Ver2.91b
◆バグ補正
・DWG入力:EveryDWGを使用して2007DWG読込み時にEveryDWGが強制終了する現象を回避するため、2007DWG=>R13DXFにプレコンバートする仕様に修正しました。ただしこのバージョンは2007DWG読込み時に文字化けが発生する可能性があります。(後述:Ver2.91cで文字化け解消しました)

2008/08/02 Ver2.91a
◆バグ補正
・DWG・DXF入力:AutoCAD2004以降で使用されるマルチテキストでのインデントコントロール文字がそのまま表示される。(コントロール文字を読み飛ばすのみを行います)

2008/08/02 Ver2.90d
◆変更
・DWG入力:EveryDWGを使用したDXF変換時のDWGバージョンを暫定的に2004DWG以下=>R13DXF、2007DWG以上=>2007DXFとしました。(2004DWG以下のハッチングを読み取り可能(になる?))
一時的にVer2.90cの変換方法を制限しています。
◆バグ補正
・DWG入力:EveryDWG用の仮フォルダ内に不要ファイルが残る。(Ver2.90c固有の障害です)
◆Ver2.90cを利用されてDWG変換を行った方へ
大変申し訳ありませんが、JacConvert本体(JacCv.exe)を収納したフォルダ内にtemp_EveryDWG_inputとtemp_EveryDWG_outputの2つの不要フォルダが生成されます。(削除されても問題ありません。)

2008/08/01 Ver2.90c
◆変更
・DWG入力:EveryDWGを使用したDXF変換時のDWGバージョン(12,14,13,2000,2002,2004,2007)に合致させたDXF変換としました。
◆バグ補正
・DWG入力:EveryDWGが変換中に強制終了すると、以降復旧できなくなる。

2008/08/01 Ver2.90b
◆バグ補正
・DWG入力:DXF読込設定で「UTF-8読込みしない」オプションをONにした状態でEveryDWGを使用したDXF読込すると文字化けする。
◆変更
・JWW・JWC入力:ZoomAll(右クリックポップアップメニュー)機能が利用可能にしました。

2008/07/29 Ver2.89f
◆バグ補正
・PDF出力:JWWファイルの表示のみ(保護)レイヤーの色設定を行うと強制終了する。またこの設定が機能しない。
・DWG入出力:[メニュー][設定][基本動作設定][その他]の「EveryDWGを使用」オプションを消し忘れ。(常にEveryDWGを優先使用すように変更しています)

2008/07/27 Ver2.89e
◆バグ補正
・JWW入出:寸法図形中の文字列が16バイトを超えると読み飛ばししてしまう。

2008/07/26 Ver2.89d
◆変更
・DWG入出力:EveryDWGを起動できないケースが多発しているため、古いEveryDWGのチェックを外しました。

2008/07/23 Ver2.88o
◆バグ補正
・JWW入力:寸法図形で不要な点や線を読み込んでしまう(Ver2.88h以降の障害です)

2008/07/21 Ver2.88n
◆バグ補正
・一括変換:EMF一括出力時、1件に「保存しました」のメッセージが出力される。
◆追加
・DWG出力:EveryDWGがJacConvert本体に収納されている時はEveryDWGを使用してDWG出力する機能を追加しました。

2008/07/15 Ver2.88m
◆バグ補正
・JWW入力:寸法図形を読み込んだ際に不要な実点が表示される。(2.88h以降の障害です)

2008/07/14 Ver2.88L
◆バグ補正
・PDF出力:デバッグ用のウィンドが連続して開いて変換動作が止まる。(Ver2.88k固有の障害です)

2008/07/12 Ver2.88k
◆追加
・DWG入力:EveryDWG Ver2.06未満のバージョンがセットされている場合はEveryDWGを利用できなくしました。
◆バグ補正
・PDF出力:「JWWデータは印刷時の線色・線太さで出力する」を利用時に点の半径指定ができない。

2008/07/12 Ver2.88j
◆バグ補正
・DWG入力:Ver2.88iで追加したEveryDWG利用機能がJacC.CFGを手動で書き換えないと機能しない。

2008/07/11 Ver2.88i
◆追加
・DWG入力:EveryDWGを利用してAutoCAD2004/2006/2007/2008/2009のDWGファイルを読み込み可能にしました。
 この機能を利用するにはhttp://www.opendwg.org/guestfiles/よりEveryDWG.zipをダウンロード・解凍してJacConvert本体収納同一フォルダにEveryDWG.exeを収納します。

2008/07/07 Ver2.88h
◆バグ補正
・JWW入力:SXF仕様の寸法図形を含んだJWWファイルを読み込みできない。

2008/06/02 Ver2.88g
◆追加
・DXF・DWG入力:距離を持たない線分(x1==x2 && y1==y2)を、短い線分として扱う処理を加えました。
◆変更
・全般:日本語以外のOSで使用した際に表示速度が低下する現象を回避しました。(文字化けが解消せれる訳ではありません)
・全般:日本語以外のOSを使用した場合、ストロークフォントを適用させ、図面データの文字化けを回避する機能を追加しました。 (メニュー等の下面での文字化けは解消できていません)

2008/05/28 Ver2.88f
◆バグ補正
・JWW入力:回転させた円弧のブロック図形を正しく分解できない。
◆変更
・JWW出力:半角のみの縦書きの文字間隔を補正するようにしました。
◆追加
・一括変換:DXF・DWG読込み時にZoomAll機能を自動実行する機能を追加しました。(ZoomAll:有効図形データチェックして縮尺を再計算する)

2008/02/02 Ver2.88d
EveryDWGをテスト使用するためのベータ版です。利用されて不都合がある場合は前バージョン(Ver2.88c)をインストールしてください。
前バージョンのJacConvert Ver2.88cはこちら(Ver2.88cは予告なく将来削除いたします。)
◆(仮)追加
・DWG入力:EveryDWGを利用してDWG読み込みを行う機能を仮追加しました。
EveryDWGはDconvertconの後継と思われるDWG・DXF変換ソフトです。
EveryDWG File Converterダウンロード先http://www.opendwg.org/guestfiles/
関連掲示板はこちら

2/2(土)時点では、EveryDWGをコントロールできません。EveryDWGを起動して操作が必要です。
テストに使用したEveryDWGはVersion2.05です。
<使用方法>
 EveryDWGをJacConvertを収納しているフォルダにセットします。
 この機能を利用するには、[メニュー][基本動作設定][その他]にある「EveryDWGを使用」オプションをチェック(ON)します。
 DWG読み込みを行うとEveryDWGが立ち上がりますので次の操作を行います。
   Step1:Output versionを「2007 ASCII DXF」とする。
   Step2:「Start」ボタンをクリックしてDWG=>DXF変換を実行。
   Step3:EveryDWGを終了する。

2008/01/15 Ver2.88b
◆バグ補正
・JWW入力:「総則」等の一部の文字を読み込みできない。
◆バグ補正
・DXF・DWG出力:寸歩図形属性の文字列位置が狂う場合がある。

2008/01/03 Ver2.88a
◆バグ補正
・JWW入力:埋め込み文字$j(200*/**/**),$J(平成**年**月**日),%j(200*/**/**),%J(平成**年**月**日)を正しく読み込みできない。
・その他:ストロークフォントが破線で描画されるケースがある。

2007/12/30 Ver2.87h
◆バグ補正
・JWW入力:円ソリッドを含んだブロック図形を読み込むと強制終了する。(Ver2.87f固有の障害です)
・JWW入力:ブロック図形内の円ソリッドを正しく読み取れない。
・JWW入力:削除されたブロック図形を含んだJWWファイルを正しく読み取れない。
◆変更
・JWW入力:埋め込み文字[%SP][%sp][%ss][%SS]を読み込んだ際、グループレイヤの縮尺を参照していない。

2007/12/12 Ver2.87f
◆バグ補正
・DXF・DWG出力:寸法スタイル名入力欄に入力してはならなくい文字チェック機能が無く、記号文字使用やブランクとした場合、AutoCAD側でみ取りを中断する。

2007/12/05 Ver2.87d
◆バグ補正
・JWW入力:埋め込み文字「%ss」が機能していない。
◆追加
・JWW入力:埋め込み文字[%SP][%sp]を使用した時、[%ss][%SS]と同じ動作をするようにしました。

2007/12/05 Ver2.87c
◆バグ補正
・その他:「、。,.・:;?!゛゜´`^ ̄_」を半角化できない。

2007/11/14 Ver2.87b
◆追加
・一括変換:一括変換中にエスケープキーを押すと変換中止をできるようにしました。

2007/11/14 Ver2.87a
◆バグ補正
・JWW入力:縦文字で文字の縦横比が1.0でない場合、サイズ・位置を正しく読み取りできない。
・PDF・EMF出力:ストロークフォントを使用すると動作不安定となり強制終了する場合がある。

2007/11/11 Ver2.86f
◆バグ補正
・JWW・JWC出力:ストロークフォントを使用すると動作不安定となり強制終了する場合がある。
◆追加
・JWW入力:Ver4.20出力モードの色数指定に8色を追加しました。(今まではSXF対応拡張色の16色と265色のみで、基本8色が無し。)
・JWW入力:%f1〜%ffの埋め込み文字(ファイル名の長さ指定)を追加しました。

2007/11/05 Ver2.86e
◆追加
・JWW入力:Jw_cad Ver6のファイル形式を読み込み可能にしました。但し、ファイル形式が公開されていないため、想定外のエラーが発生する可能性があります。ファイル形式公開後に再度コメントします。

2007/11/02 Ver2.86d
◆変更
・DXF・DWG入力:基準スケールをキーボードから任意入力できる形式に変更しました。(今までは、一覧表からの選択のためスケール値が限定されていた)
◆バグ補正
・DXF入力:Macから出力された「Binary DXF」を認識できず、強制終了する。
  JacConvertは「Binary DXF」を読込みできないため、強制終了を回避してメッセージ(Binary DXFを読めません。)を表示させるだけの修正です。

2007/10/27 Ver2.86c
◆追加
・PDF出力:Ver2.86bで実施した補助色のソリッドを出力する機能を単独オプション「Jw_cadの補助色ソリッドは必ず出力」として追加しました。
「Jw_cad補助線種・補助色は出力しない」オプションがチェックされていてもソリッド(塗り潰し)は出力します。

2007/10/20 Ver2.86b
◆変更
・PDF出力:「Jw_cad補助線種・補助色は出力しない」オプションがチェックされていてもソリッド(塗り潰し)は出力するように変更しました。

2007/10/14 Ver2.86a
◆バグ補正
・PDF出力:ストロークフォントを使用すると、線が極端に太く出力される。

2007/10/03 Ver2.85m
◆バグ補正
・全般(ストロークフォント):回転した文字を正しく出力できない。
・全般(ストロークフォント):JWW・JWCの均等割付文字を正しく出力できない。
◆変更
・DXF保存:変換設定テンプレート「BeDraw」と「M7」を廃止して、代わりに海外CADモードを新設。(テンプレートの9,10行目)
・DWG保存:海外CAD用の設定を一括で行なう機能を新設しました。(中央上部)

2007/10/01 Ver2.85L
◆バグ補正
・全般:「ストロークフォント」で使用するフォントデータに一部データ欠落が発生していた。

2007/09/30 Ver2.85k
◆追加
・全ての保存:文字を分割した直線に変換出力する「ストロークフォント」機能を追加しました。
http://jacconvert.o.oo7.jp/stroke/stroke_f.htmlを参照ください。
このフォント生成にあたり、Saka.NさんのKST32Bを使用させていただきました。ありがとうございます。

2007/09/14 Ver2.85j
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:ダイナミックテキストを正しく読めない。(Ver2.85h固有の障害です)

2007/09/09 Ver2.85h
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:ブロック図形中に文字数がゼロ(実体が無い)マルチテキストが存在すると異常動作する(強制終了やデータの乱れ)

2007/09/08 Ver2.85g
◆バグ補正
・その他:「ソリッド求積」フォルダ指定後にファイル選択しないで求積するとJac求積.csvの保存フォルダが求積対象フォルダ収納先と一致しない。
◆変更
・その他:「ソリッド求積」設定画面の修正とマウスオーバーヘルプ追加しました。

2007/09/05 Ver2.85e
◆追加
・その他:「ソリッド求積」対象ファイルを個別指定できるようにしました。
・その他:「ソリッド求積」集計結果にレイヤ名を追加しました。

2007/09/04 Ver2.85d ◆バグ補正
・DXF・DWG出力:保存設定画面で「文字サイズをAutoCAD用に文字サイズを補正する」オプションが機能しない。

2007/09/02 Ver2.85c
◆バグ補正
・その他:「ソリッド求積」四角形の面積計算ミスが発生するケースがある。
◆追加
・その他:「ソリッド求積」で非表示レイヤを計算対象外とするオプションを追加しました。
「ソリッド求積」の解説を作成しました。
「ソリッド求積」動作確認用のTestSolid.lzhを登録しました。

2007/08/31 Ver2.85b
◆バグ補正
・その他:「ソリッド求積」でJw_cadの線種1〜9を認識しない。

2007/08/30 Ver2.85a
◆追加
・その他:ソリッド図形を色別に集計する「ソリッド求積」を追加しました。
「ソリッド図形」とは・・・・
実行するには[メニュー][ファイル][ソリッド図形]へ進みます。
同一フォルダ内のJWW・DWG・DXFファイルのソリッド図形面積を集計します。
同一ファイルでなおかつ同一色を集計し、エクセル等で開くことができるCSV形式ファイルを出力します。
CSVファイルは指定フォルダ内に「Jac求積.csv」というファイル名で出力します。常に上書きしますので、ご注意ください。
Jw_cadの標準カラーパレットとAutoCADの色番号1〜9までの色には個別の名前を付けることができます。

2007/08/11 Ver2.84k
◆追加
・DXF・DWG入力:Ver2.84(正規版)で最後尾が「・」の文字列にスペース文字を付加する機能を組み込みしましたが、これを無効することを可能にしました。

2007/08/11 Ver2.84j
◆バグ補正
・PDF出力・カラーコピー:明度補正を0%にすると強制終了する。
・PDF出力:JWW=>PDF変換時に線の太さが異常出力される。

2007/08/06 Ver2.84i
◆バグ補正
・DXF・DWG出力:Ver2.84hで実装した「ー」=>「|」に変換が、GosicとExtfont2でも機能してしまう。

2007/08/06 Ver2.84h
◆変更
・DXF・DWG出力:縦書き文字内に文字「ー」が存在する場合、「|」に変換するようにしました。

2007/08/03 Ver2.84g
◆変更(Ver2.84hで中止)
・DXF・DWG出力:縦書き文字内に文字「ー」が存在する場合、マルチテキスト+ゴシックで出力するようにしました。

2007/08/01 Ver2.84f
◆バグ補正
・DXF・DWG出力:縦書き文字を強制的にマルチテキスト書き込みする。(ダイナミックテキストで出力できない)

2007/08/01 Ver2.84e
◆バグ補正
・DXF・DWG出力:文字列の末尾に制御コードが記述されていると不正な変換となる。

2007/07/27 Ver2.84c
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:小数点以下の桁数設定を保存できない。
◆変更
・DXF読込み:小数点以下の桁数設定を12桁から16桁までにしました。

2007/06/29 Ver2.84b
◆追加
・JWW保存:「曲線属性を出力する」オプションを加えました。これはDXF・DWG=>JWW変換時に、ポリライン・スプラインデータをJWWの曲線属性付きの線データとして出力するオプションです。初期設定は「ON」としています。(今までは常時ONでした)この機能(曲線属性付き)はVer2.08より実装していますが、ライトウェイトポリラインを正しく処理できておらず不安定な状態でした。
◆バグ補正
・JWW保存:DXF・DWG=>JWW変換時、ライトウェイトポリラインを曲線属性付き線分データで出力できない。

2007/06/27 Ver2.84a
◆追加
・DXF・DWG保存:JWW・JWC=>DXF・DWG変換時に、Jw_cadの「表示のみレイヤ」(保護レイヤ)を指定色で出力するオプションを追加しました。

2007/06/16 Ver2.83g
◆変更
・ヘルプ表示:WinHelp(拡張子がHLP)はWindows Vistaで表示できないため、HTML Help(拡張子がCHM)に切り替えしました。

2007/06/15 Ver2.83f
◆変更
・JWW・PDF出力:「JWW画面・プリンタ線色出力設定画面」の表現内容を変更しました。

2007/05/19 Ver2.83e
◆バグ補正
・DWG・DXF入力:幅のあるポリラインを読込みできない。

2007/05/05 Ver2.83d
◆追加
・DWG・DXF出力:「円を細かな直線に分割」オプションを追加しました。

2007/04/25 Ver2.83b
◆バグ補正
・DWG・DXF出力:JWW=>DWG・DXF変換時に線の太さが1ステップずれる。

2007/04/15 Ver2.83a
◆変更
・DWG・DXF入力:文字列の末尾に「・」もしくは「・」が付くDWG・DXFファイルを読み込んだ場合、スペース文字を付加するように変更しました。これはJWW出力後にJw_cadで読み取った場合に、均等割付機能が働くことを防ぐためです。

2007/04/06 Ver2.82k
◆バグ補正
・JWW入力:JWFファイル中のREF_FILEの定義行にスペース文字が混ざると読込みできない。
◆追加
・その他:文字列集計機能を追加しました。
利用するには[メニュー][ファイル][文字列集計]をクリックします。
「文字列集計」は現在表示されているデータ中の文字列のみを抽出してExcel等で読込みできるCSV形式のファイル出力する機能です。但し、ブロック図形と寸法図形内の文字列は出力しません。
出力項目は「レイヤー表示属性・レイヤーの連番・レイヤー名・文字列」です。

2007/04/04 Ver2.82j
◆バグ補正
・JWW入力:テキストファイルの外部参照機能(REF_FILE)を使用して変換すると強制終了する。
・その他:ベータ版用のインストールプログラムで添付ファイルの解凍ができない。

2007/03/17 Ver2.82i
◆変更
・JWW入力:JWWファイル内のブロック名に文字を付加して処理していましたが、次のように変更しました。
 ブロック名が「椅子」の場合・・・・・
 Ver2.82h以前
   JB0_椅子@@SfigorgFlag@@4
 Ver2.82i以降
   椅子_0
 末尾の「_0」はブロック登録の一連番号です。JWWファイルは同一のブロック名が複数登録されているケースがあるため、一連番号を付加しています。
◆追加
・JWW入力:JWW読込み画面に「ブロック名末尾に連番を付加しない」オプションを追加しました。
 このオプションをチェックするとブロック名は次のとおりになります。
 Ver2.82h以前
   JB0_椅子@@SfigorgFlag@@4
 Ver2.82i以降(「ブロック名末尾に連番を付加しない」オプション)
   椅子
◆今回のバージョンで3つのサンプルファイルを添付します。
・BlockTest.jww
   ブロック図形の挿入数を積算機能をテストするためのサンプルファイルです。
   ブロックの挿入数を積算してExcel等で読込みできるCSV保存ができます。
   この機能を利用するには[メニュー][ファイル][ブロック積算]へ進みます。
BlockTest.jwwを読み込んだ時の画面
BlockTest.jww

[ブロック積算]を実行した時の画面
積算結果


・REF_FILE.jww
   テキストファイルの外部参照機能を確認するために作成したデータです。
   設定等が正しければ、「山の手線駅名」「都道府県名」「元素名」が表示されます。
   表示させるためには次の作業が必要です。
   1)このファイル(REF_TEST.jww)と同じフォルダにREF_TEST.txtを収める。
   2)JWFファイル(環境設定ファイル)内に次の行を書込みする。
     REF_FILE=REF_TEST.txt
   3)JacConvertのJWW読込み設定画面で「JWFファイル指定」を行なう。
   4)JacConvertのJWW読込み設定画面で「JWFファイルを自動的に読込む」をチェック。
REF_TEST.jww「JWFファイルを自動的に読込む」OFF
REF_TEST.jww REF_TEST.jww「JWFファイルを自動的に読込む」ON
REF_TEST.jww

・REF_FILE.TXT
 「山の手線駅名」「都道府県名」「元素名」が記述されています。
 REF_FILE.jwwと同一のフォルダに収納します。

2007/03/11 Ver2.82h
運用環境によりDXF=>DWG変換ができない件の対策テストバージョンです。

2007/03/10 Ver2.82g
◆バグ補正
・PDF出力:JWC=>PDF変換時「補助線を出力しない」オプションが機能しない。(JWW=>PDFでしか機能していませんでした)

2007/03/09 Ver2.82f
◆バグ補正
・JWW・JWC出力:「AutoCADのPOINTを特定レイヤに収納」オプションをONにしてDWG・DXF読込み後、JWW・JWC保存した際、「レイヤグループとレイヤに分解」が機能しない。

2007/03/09 Ver2.82e
◆バグ補正
・DWG・DXF出力:文字スタイル名と寸法スタイル名を変更すると2000では正常だがR12/R13タイプの場合不正なDWG・DXFを出力する。

2007/03/09 Ver2.82d
◆バグ補正
・JWW入力:270回転させてブロック図形を反転複写すると、正しプロットできない。

2007/03/08 Ver2.82c
◆バグ補正
・その他:英数字の全角文字を半角にする機能がVer2.81以降で停止していました。
※運用環境によりDXF=>DWG変換ができない件は解決できていません。

2007/03/04 Ver2.82b
◆バグ補正
・DWG出力:Ver2.82でDWG出力ができない旨のレポートをいただき、パスの扱いを変更しました。手元の環境では再現できていないため、改善できているか否かが不明です。

2007/03/03 Ver2.82a
◆追加
・JWW入力:文字のファイル参照変換機能「%%」に対応しました。この機能を利用するためには、JWW読込み時に「JWFファイルを自動的に読み取る」オプションをチェックしてください。Jw_cadの文字のファイル参照変換機能自身については、Jw_win.jwfに記述されている解説を参照ください。

2007/03/02 Ver2.81k
◆バグ補正
・JWW入力:フォルダ名が付加されていないJPG画像ファイル名(例 Sample.jpg)を読込みできない。
◆変更
・DWG・DXF入力:用紙サイズ・スケール共に識別できなかった際に、自動計算するように変更しました。

2007/03/01 Ver2.81j
◆バグ補正
・DWG・DXF入力:挿入基点がゼロ以外のブロック定義図形を正しく読み取れない。(Ver2.81以降の現象)

2007/02/22 Ver2.81i
◆バグ補正
申し訳ありません。バグをつぶしきれていませんでした。
・JWW出力:「全角英数字を半角に変換する」オプションをONにすると文字化けするケースがある。
・DWG出力:強制終了する場合がある。(Ver2.81h固有の現象)

2007/02/21 Ver2.81h
◆バグ補正
・Ver2.81dでDWG出力とDWG入力が実行できなくなっていました。ベータ版とはいえ、軽率なバージョンアップをお詫びします。

2007/02/17 Ver2.81e
◆バグ補正
・DWG入力時のデバッグウィンドを消し忘れしていました。

2007/02/17 Ver2.81d
◆バグ補正
・DWG出力:DXF=>DWG変換した時に元データのDXFが消失してしまう。
◆変更
・DWG・DXF入力:基本スケールの設定値を増やしました。

2007/02/12 Ver2.81c
◆バグ補正
・DWG・DXF・JWW入力:X軸もしくはY軸を反転したブロック挿入を正しく読み取れない。(再修正)

2007/02/10 Ver2.81b
◆変更
・DWG・DXF出力:AutoCADで文字を表示できないケースが発生したため、試験的にヘッダーコードを書き換え。
AutoCADでこのような表示が出るのですけれど、原因が不明です。
Error message of AutoCAD
・その他:インストールプログラムからJacConvertが自動起動する機能を中止しました。(Windows Vista対応)

2007/02/10 Ver2.81a
◆バグ補正
・DWG・DXF・JWW入力:X軸もしくはY軸を反転したブロック挿入を正しく読み取れない。
・PDF出力:JWW=>PDF変換時に補助色の文字が出力される。
◆追加
・PDF出力:JWW=>PDF変換時に補助線・補助色を出力する・しないの選択をできるようにしました。(初期値は「しない」です)

2007/02/03 Ver2.80s
◆バグ補正
・DWG・DXF入力:用紙サイズ指定をA0以上にすると、1サイズ大きな用紙サイズで処理される。
・DWG・DXF入力:「基準用紙サイズとスケールで読込み」オプションの動作が不安定。(読込みデータに縮尺情報があるとその縮尺値を優先参照してしまう)

2007/01/31 Ver2.80r
◆変更
・DWG・DXF出力:JWW・JWC=>DXF・DWG変換時に寸法図形の文字位置合わせの機能をDXFテンプレート「AutoCAD以外(汎用)」を指定した際に無効にするように変更しました。

2007/01/28 Ver2.80p
◆変更
・DXF出力:保存設定テンプレートのインターフェースをDWG出力に準じたものに変更しました。

2007/01/26 Ver2.80o
◆変更
・DWG出力:DWGバージョン指定ボタンR12の押した際に、「レイヤー名設定を初期設定値にしますか?」のメッセージを表示するようにしました。(不正なDWG出力防止用)

2007/01/21 Ver2.80n
◆変更
・DWG出力:DWGバージョン指定ボタンを押すと初期設定値に書き換える機能を中止しました。

2007/01/21 Ver2.80m
◆変更
・DWG・DXF出力:テンプレートのインターフェースを見直ししました。

2007/01/20 Ver2.80L
◆追加
・DWG出力:保存設定を最大200件自由に登録できるテンプレートを追加しました。

2007/01/18 Ver2.80j
◆バグ補正
・JWW出力:プログラムチェック用のウィンドが表示される。(Ver2.80hで発生していました。)

2007/01/18 Ver2.80i
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:ペーパー空間上にブロック挿入で作図したデータを正しく読み込めない。

2007/01/17 Ver2.80h
◆バグ補正
・JWW出力:Ver2.80d以降で、半角英数字が全角で出力される。
◆追加
・DXF・DWG出力:文字出力をMSゴシック・ダイナミックテキスト出力設定の時、文字サイズの基準を文字高さと文字幅の選択をできるようにしました。
併せて文字変換に関する「解説」ボタンで表示される情報を更新しました。

2007/01/13 Ver2.80g
◆バグ補正
・JWW出力:Jw_cadで文字選択した時に選択色に変わらない(選択はされている)文字を出力する。

2007/01/12 Ver2.80f
◆変更
・DXF・DWG出力:文字出力をMSゴシック・ダイナミックテキスト出力設定の時、文字幅を基準にして文字サイズを決めるように変更しました。(今までは文字高さを基準にしていました)
【補足】MSゴシックをダイナミックテキストで出力した場合は文字の縦横比は1:1に固定されます。マルチテキストで出力した場合は縦横比を可変して出力します。

2007/01/11 Ver2.80e
◆バグ補正
・DXF・DWG出力:Version2.79以降、JWW=>DXF・DWG変換時に線色別の線の太さを出力できなくなっていた。

2007/01/03 Ver2.80d
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:XY尺度をマイナス値としたブロックインサート図形を正しい位置にプロットできない。(再修正)
・JWW入力:未使用のブロック図形が書き込まれたJWWファイルを正しく読み込みできない。強制終了する場合がある。
・その他:<メニュー=>表示=>全角文字の半角化>を実行すると全角カタカナも半角化してしまう。(本来は英数字のみ)
・JWW出力:「全角化を半角文字」オプションが機能しない。

2006/12/24 Ver2.80a
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:XY尺度をマイナス値としたブロックインサート図形を正しい位置にプロットできない。

2006/12/24 Ver2.79b
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:ブロック図形中の回転した文字を正しい表示角度で読み取りできない。

2006/12/24 Ver2.79a
◆バグ補正
・JWW入力:拡大・縮小された寸法図形を含んだブロック図形を読み込むと寸法値が正しく表示されない。
・DXF・DWG出力:ブロック分解すると楕円が正しく変換できないケースが発生する。

2006/12/19 Ver2.78g
◆変更
・JWW入力:Ver2.78fで組み込んだ、拡大・縮小時の寸法値追随がDXF・DWG出力時に反映できないしないため中止しました。

2006/12/18 Ver2.78f
◆バグ補正
・JWW入力:ブロックデータ中の寸法図形を拡大・縮小した時 寸法値文字のプロット位置が補正されない。
・JWW入力:ブロックデータ中の寸法図形を拡大・縮小した時、寸法値が追随しない。(XY軸同率の場合のみに対応しています)

2006/12/17 Ver2.78e
◆バグ補正
・JWW入力:ネスト状態のブロックデータを読み込みできない。

2006/12/15 Ver2.78d
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:鏡像反転した円を読込みできない。
・DXF・DWG出力:JWW=>DXF・DWG変換時、不要なブロック挿入が発生する。
・JWW入力:寸法図形を含んだブロックデータを読み込むと強制終了する。現時点ではブロックデータ内の寸法図形は分解して処理しています。寸法図形をDXF・DWG変換する場合は、事前にJw_cadでブロック解除する必要があります。

2006/12/13 Ver2.78c
◆追加
・DXF・DWG出力:JWW=>DXF・DWG変換時、線の太さを個別設定しているデータを出力できるようにしました(SXF対応拡張線を含む)

2006/12/12 Ver2.78b
◆バグ補正
・DXF・DWG出力:変換設定「AutoCAD用に文字サイズを補正する」オプションのチェックを外しても、文字高さ補正が解除されない。

2006/11/18 Ver2.78a
◆バグ補正
・DXF・DWG出力:全角カタカナの半角化オプションが機能していない。

2006/11/11 Ver2.77j
◆追加 ・DXF・DWG出力:文字スタイル名と寸法スタイル名を変更できるようにしました。
・DXF・DWG出力:グローバル線種尺度を任意設定できるようにしました。

2006/11/09 Ver2.77i
◆バグ補正
・JWW出力:jw_win.jwf自動参照ができない場合がある

2006/11/06 Ver2.77h
◆バグ補正
・DXF・DWG入力:基準スケールの設定値が保持できない。(設定値を保存できない)
・DXF・DWG出力:JWW=>DXF・DWG変換時に寸法図形の色・線種属性をByLayerにできない。

2006/10/31 Ver2.77g
◆バグ補正
・JWW入力:X軸・Y軸共に反転(マイナス数値)させたブロック図形内の円弧を読込みミスする。

2006/09/29 Ver2.77f
◆バグ補正
・JWW入力:回転したブロック図形を誤って読み込む場合がある。

2006/09/26 Ver2.77e
◆変更
・DXF・DWG出力:JWW=>DXF・DWG変換時に寸法図形端部形状塗潰しの点が矢印になってしまう。

2006/09/26 Ver2.77d
◆変更 ・その他:ベータ版についてもインストールプログラムを組み込みしました。(JacConvert本体の変更はありません)

2006/09/19 Ver2.77c
◆バグ補正
・JWW出力:Jw_cadでレイヤーグループツールバー内で書込み状態が表示されない。
・DXF・DWG出力:全角記号文字のレイヤー名補正が正しく処理できず、AutoCADで読込できないケースがある。

2006/09/17 Ver2.77b
◆バグ補正
・その他:フォント指定を繰り返すとフォントリストが表示されなくなる。

2006/09/17 Ver2.77a
◆バグ補正
・JWW入力:JacConvertでJWW保存(Ver4.20 255色モード)したファイルをJw_cad上で標準9色で編集・上書き保存するとJacConvertが読込みできない(強制終了する)

2006/09/11 Ver2.76e
◆バグ補正
・DWG・DXF入力:非表示レイヤーに定義されたブロック図形を読み込むことができない。

2006/09/10 Ver2.76d
◆バグ補正
・DWG出力:保存形式を2000としてDWG保存し、これをAutoCAD2002(LT)以上で読み込むと、データにエラーがあり、RECOVERコマンドを実行を推奨する旨のメッセージが表示される。これはJacConvert Ver2.76固有の障害です。

2006/09/09 Ver2.76c
◆追加
・JWW・EMF出力:右クリックで現れるポップアップメニューに「フォント指定」を追加しました。ここで設定したフォントは、JacConvertの表示画面・JWW保存・EMF保存・コピーで反映されます。
DXF保存・DWG保存・PDF保存の場合は各保存設定画面中で別設定します。JWC保存の場合はJWCファイル自体にフォントデータが無いため指定できません。

2006/09/09 Ver2.76b
◆追加
・EMF出力:フォント指定をできるようにしました。

2006/09/08 Ver2.76a
◆バグ補正
・PDF出力:一括変換時に「PDAで出力する」のオプションが無効になる。