JacConvertソリッド求積(license-free)
この機能はライセンス購入せず継続利用できます。


この機能はJacConvert Ver2.85a以降で利用できます。 同一フォルダ内のJWW・DWG・DXFファイルのソリッド図形面積を集計します。
同一ファイルでなおかつ同一色を集計し、エクセル等で開くことができるCSV形式ファイルを出力します。
CSVファイルは指定フォルダ内に「Jac求積.csv」というファイル名で上書き出力します。(常に上書きしますので、ご注意ください。)
Jw_cadの標準カラーパレットとAutoCADの色番号1〜9までの色には個別の名前を付けることができます。

Sample
サンプルファイルを用意しています。必要な方はダウンロードしてください。
LZH形式圧縮ファイル(8ファイル収納)
   SolidTest.lzh(34Byte)
JWW形式ファイル
   HAICHI.jww(29KB)
   1F.jww(24KB)
   2F.jww(20KB)
   RF.jww(20KB)
DXF形式ファイル
   HAICHI.DXF(65KB)
   1F.DXF(51KB)
   2F.DXF(28KB)
   RF.DXF(28KB)

概要
この解説画面で使用したファイルは「HAICHI.jww」「1F.jww」「2F.jww」「RF.jww」の4つです。
ソリッド(塗り潰し)部分の面積を一括集計します。
配置
1階
2階
屋上

求積結果
JacConvertは複数ファイルの面積計算を行い、「Jac求積.csv」を作成します。
同ファイルはエクセル等で開くことができます。
エクセルで開いたところ

仕様
・求積処理可能ファイル形式:JWW・DXF・DWG
・制限(1):ブロック図形内のソリッドデータは計算できません。
・制限(2):円系のソリッドは計算できません。
・制限(3):重複したソリッドを識別できません。
・分類可能色数:1ファイルに付き256まで
・一括処理可能ファイル数:制限なし
・出力ファイル:Jac求積.csv(固定、同一フォルダに上書保存)
・色名のカスタマイズ:JWW48色に指定可。DXF・DWG9色指定可。

使い方
[メニュー][ファイル][ツール][ソリッド求積]へ進みます。
ソリッド求積

設定画面の操作
「フォルダ指定」で集計するファイルを収納したフォルダを指定
求積対象のファイルタイプ(JWW・DXF・DWG)を指定
必要に応じカラーパレット名を書き換え(サンプル画面は印を書き換えしています)
「OK」ボタンを押せば、ソリッド求積が開始されます。
ソリッド求積設定画面
「フォルダ指定」
集計するファイルを収納したフォルダを指定します。
「読込みファイルの種類」
JWW・DWG・DXFファイルを指定します。同時に複数のファイルタイプを指定できません。
「計算単位」
面積計算の単位をmとmmに切り替えします。
「少数点桁数」
小数点桁数を0〜12桁まで変化させます。(指定桁数以下は四捨五入)
「非表示レイヤは求積対象外とする」
面積計算から除外したい場合に使用します。
「JW_CADの色名」
Jw_cad上でソリッド色指定する際に現れるカラーパレットに名前を付けることができます。初期値はJW-**です。文字数は半角6文字までです。
「AutoCADの色名」
AutoCADの標準色番号1〜9に名前を付けることができます。初期値はAC-**です。文字数は半角6文字までです。

求積計算が終了すると、Windows添付のメモ帳で「Jac求積.csv」をテキストデータとして開き、内容を確認できます。
メモ帳で開いたところ

エクセル等で開くには、マイコンピュータやエクスプローラーで「Jac求積.csv」をクリックします。
(求積対象フォルダと同一場所に収納されています)
エクセルで開いたところ